失敗しないためには業者選定と施工内容を確認する

どんな事をするのか判らない

外壁塗装と言ってもどの様な事をするか判らない方も多いと思います。外壁塗装を行う場合には、壁や屋根の傷んだ部分を修理しその上で塗装を行い日差しや風雨から家を守るためにします。壁は塗装をしないでそのままにして置くと雨による浸食が始まり、中の木で作られた柱や壁を腐らせてしまいます。その部分を腐らせない様に永く住んで資産価値を保たせるために行うのです。金額はどの位するのか相場も知って置く必要がありますので、幾つかの会社へ見積りを依頼するとある程度判明します。

どの金額が正しいか判らない

外壁塗装の相場はハッキリと言って判りません。なぜかと言えば各住宅は大きさも作りも形も様々ですから、隣の家で行われた金額で自分の家が塗装できるとは限りません。但し、塗装にも幾つかの種類が有り単価はどこの会社同じように見積書を取れば判明します。塗装の単価は同じでも下処理をする場合としないでは金額にも施工後の対応年数にも影響してきますから、キチンと確認して置く様にしましょう。そうする事で無駄な費用を掛けないで済むことにも繋がります。

どこへ依頼すると良いのか

外壁塗装をする会社は全国に沢山の会社があります。どこへ見積や工事を依頼して良いか不安でしょうが、近くで工事をされていた方に聞いてみる事も必要です。そうすることで工事の内容や対応の仕方も確認できます。直接塗装工事会社へ依頼することも良いのですが、過去の施工実績等を確認し見積りを依頼することもできますし、地元で永く経営をしている会社へ依頼することも可能です。大手のハウスメーカーへ依頼する事も出来ますが、実際に塗装工事をするのは相見積書を取った会社だったって事もあります。

マンションの大規模修繕や、戸建住宅の外壁塗装の相場は、建物の大きさでかわりますから、まず最初に見積もりしましょう。