うつ病の治療はお薬の治療としっかり休養をとることが大事なんです

十分な休養をとって心と身体を休ませよう

うつ病の治療には、しっかり休養することが大事だということを知っていましたか?医師はお薬による治療と並行して、十分な休養をするよう指導します。しかし、責任感の強い方は仕事も家事もしっかりしなくては思ってしまい、なかなか休もうとしませんよね。それでは、精神的にも身体的にもストレスがかかっている状態なので、十分な治療効果が見込めないのです。もし、休むことが悪いと思っている方がいたらぜひ、休んでほしいと伝えるとよいでしょう。その方の心の負担が軽くなり、休養をとりやすくなります。

お薬を飲むのに抵抗感がある?

うつ病を治療するには、お薬による治療は必要ですが、精神科のお薬に抵抗感を持っている方もいるでしょう。しかし、うつ病治療に抗うつ薬による治療は十分な休養と併用して必要なものなのです。それは、お薬による体の中の異常を修正することが必要で抗うつ薬にはうつ病の症状の原因となる脳内情報伝達物質のバランスの乱れを調節する役割があるからです。調剤されたお薬での治療によって心と身体に意欲や活力がスムーズに伝達するようになりますので、処方通りにお薬を飲むことが大事です。

医師による精神療法もうつ病の治療のひとつです

うつ病の治療は、医師による治療はかかせませんが、その中で精神療法があります。これは心理的治療とも言います。特にこの治療は、ぶり返しの予防につながります。精神療法の中で、認知行動療法がありますが、これはうつ病の方によくみられる否定的な思考を話し合いなどで整理しあい、より柔軟な思考にしていこうというものです。あれこれ周囲から考え方について言われても、なかなか素直に受け入れにくいものです。しかし、医師からのアドバイスだとすんなり受け入れられるかもしれませんよ。

最近では、インターネットや書籍、携帯アプリなどでも、手軽に簡単なうつ病チェックを行うことができます。