知ってみると面白い?!物流倉庫での作業風景

物流倉庫への入庫作業

物流の現場では、物品の輸送が頻繁に行われていて、一時的な物品の保管場所として重要な物流拠点の一つであるのが、倉庫です。その倉庫中でも、物流に必要な作業工程を担うことが出来る施設として、物流倉庫が用いられています。この倉庫は、単に物品を保管するための場所というだけでなく、物品の管理に必要な作業が行われます。はじめに必要であるのが、入庫の作業でしょう。運び入れる荷物の内容や個数などの点検を行う重要な工程です。

棚入れや保管作業を行う物流倉庫

倉庫には、物品を収納しておくための広大なスペースがあります。しかし、計画的に物品を配置しなければ、スペースはすぐに満杯になってしまいかねませんよね。そこで、物流倉庫では荷物の運び入れの際に、棚入れの作業を行います。棚入れは、物流倉庫内に保管する各荷物の大きさや種類に合わせて、適切な場所へと配置する作業です。またさらに、物流倉庫内で物品の預かる間、品質を損なわないように保管のための業務が行われます。

物流倉庫での荷物を運び出す出庫作業

倉庫に収めた物品は、いずれは外へと出す必要がありますよね。その際には、運び出す物品を管理するために、流通加工などの作業が物流倉庫では行います。出庫対象となる荷物に対して、伝票や管理用のタグなどを貼り付けたり、異物が混入していないかどうかのチェックが実施されます。出庫のために物流倉庫内でこのような流通加工の作業を終えた後には、実際に倉庫から荷物を運び出し、さらに次の物流ルートへと引き継ぐことになります。

パレットはたくさんの荷物を運ぶのに便利な道具です。一度積んでしまえばフォークリフトを使って一人で運ぶことができるので、時間管理や人件費の削減につながり、コスト管理ができるものです。人の手があまりかからないので荷物の破損リスクも軽減できます。これからも荷物を運ぶのに欠かせない道具であり続けるでしょう。